生命保険見直し&割安業者探しならネットでプロFP(ファイナンシャルプランナー)による無料相談がおすすめ!! 生命保険の選び方の中で、けがと満期の積立金をメインにしている保険を選ぶ方法があります。また、家族がみんなが一度に入れる保険や、夫婦でまとめて入れる保険を選ぶことも出来ます。保険の加入の仕方にもいろいろな種類があるので、よく検討して加入したいものです。生命保険選び/保険見直しのポイントを知りたい方はまずプロFPによる無料保険見直し相談からどうぞ♪
New Entries

生命保険の選び方(アリコや農協・生協ほか)

現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。今まで、災害を中心とした損保までが生命保険を売り出しました。こんな中、農協や生協の生命保険もじっくり調べて生命保険の選び方を考えたいものです。アメリカンホームダイレクトやアリコジャパンは、テレビCMによって人々の人気を集めています。

一生を通じて掛け金が変わらない生命保険の選び方もあります。アメリカンホームダイレクトの生命保険がそうです。保険の掛け金は年齢と共に増えていくのが一般的です。なぜなら、病気などになる確率は、年齢が上がるにしたがって増えるからです。少しでも若いうちに加入すると掛け金が安くなります。

生命保険は、いったん病気になると次年度から加入できない仕組みになっていました。けれども最近では、生命保険の選び方によっては、ある特定の病気以外なら加入できる生命保険もあります。これらは、社会の高齢化に向けた保険設定と言えるでしょう。高齢の人でも加入できる生命保険があります。

保険ファイナンシャルプランナーによっても意見は違うかもしれませんが、一般的に生命保険の選び方で提案していることは国民共済や、全労災のような営利目的ではない保険を選ぶことです。そして、アメリカンホームダイレクトのような生涯保険の掛け金が変わらない保険の魅力も提唱しています。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険に人気が出ています

60歳からの生命保険に人気が出ています。団塊世代の定年退職を迎え、高齢化に向かう社会の中で今一番注目されているのが60歳から、また65歳から入れる生命保険だといえます。60歳からの生命保険を比較すると、病気入院よりも災害や怪我といった保障にウエイトが置かれるようになります。

60歳からの生命保険を比較すると、郵便局によく似た農協の共済保険があります。JA共済という名前で呼ばれています。郵便局と比較してもあまり変わりはなく、終身保険もあり種類も豊富です。郵便局の簡易保険とJA共済は、保険金の支払いが他社に比べてスピーディーであると定評があります。

生命保険を取り扱う会社がこれほどまで増えると、60歳からの生命保険比較はだんだん難しくなります。60歳からの企画商品もたくさん登場しています。しかも、保険会社の説明を見て保険に入った後、細かい字で記された約款が送られてきます。約款によると、すべての病気が保険対象にならない生命保険もあります。

60歳からの生命保険の比較を保険ファイナンシャルプランナーに相談すると、自分の家計や体の状態を考えに入れて、自分に最適な保険を紹介してもらえます。ただし、保険を選ぶプロですから、ファイナンシャルプランナーにはお金がかかります。けれども今の時代には求められる存在でしょう。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

プルデンシャル生命保険のドル建て保険

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。プルデンシャル生命保険株式会社は、あまり頻繁に名前を聞く保険会社ではないかもしれませんが、どのような特徴があるのでしょう?

プルデンシャル生命保険が、ライフプランナーにこだわる理由は、お客様に最適な生命保険を提供することにあります。さらに、商品や評判を見てみましょう。

プルデンシャル生命保険のおすすめ保険商品として、ドル建て保険の「終身保険」と「リタイアメント・インカム」があります。「リタイアメント・インカム」は、「養老保険」のことですが、死亡保障をおさえているので、通常の「養老保険」と比較すると貯蓄性がかなり高くなっているようです。

最後にプルデンシャル生命保険のクチコミをチェックです。「今までの生命保険のイメージが180度変わりました。押し売りしすぎず、定期的に電話もくれるので安心。入院した際の払い出しもスムーズでした本当に安心できる保険会社だと思います。」保険を検討されているなら要チェックです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003